【TOEIC700点超え】今年の英語学習を振り返る

こんにちは!

前回の投稿から少し間隔が開いてしまいましたが、ちゃんと勉強してましたよ。
ところで、ポケモン剣盾たのしいですね!

さて、今日は11月23日ですが、明日11月24日にTOEICの試験を受けます!
そこで、この半年間でやってきた英語学習を振り返りたいと思います。また、このぐらいの勉強量でどのくらいのスコアが取れるのか、結果が出たら更新したいと思います。

(追加)TOEICスコア出たので下のほうに追記しました。725点でした。

そもそもの英語力

はじめに、僕の英語力についての説明します(英語力と言えるほどのものがあるか疑問ですが)。

大学受験期は、センター試験の筆記は大体9割は取れていました。リスニング力はほとんどなく、6〜7割ぐらいの正解率だったと思います。典型的な受験英語。当時の英語教育がいかに悪かったかを象徴していますね〜(今も変わってない?)。

大学では、授業でたまに使う以外はほとんど英語の勉強はしていません。やろうと思っても実際に使う必要性がなかったのでなかなか続きませんでした(言い訳)。

その後の勤めていた6年間は全くと言っていいほど英語に触れていません。なので大学受験期が英語力のピークだったと言って差し支えありません。もったいないですね。

半年間の勉強

退職して、プログラマーになるべくプログラミングの勉強を始めましたが、漠然と英語も使えるようになりたいと思い、英語の学習を久しぶりに始めました。多分これだけなら続かなかったと思います。
ですが、プログラミングの学習を進めていくうちに、プログラミングには英語が必須だという現実に直面したということもあり、今も続いています。大体半年間ぐらいになるかと思います。

とはいえ、英語学習の時間をそんなに多く取っているわけではありません。バラつきはありますが1日1時間程度かと思います。

学習方法も、家で参考書を読む&使ったテキストも標準的なものという、至って普通の勉強方法です。
ではなぜこんな記事を書くのかといえば、これぐらいの学習量でTOEICスコアはいくらくらいになるのかということを残しておきたいからです。

以下で使ったテキストをまとめていきたいと思います。
なお、全てのテキストを挙げるのではなく、あくまでもタメになると思って何度も復習したモノに絞ります。流れとしては文法→読解→多読の順です。

1 BASIC GRAMMAR IN USE

私が使ったのは日本語訳のない英語のみのものですが、正直どちらでもいいと思います。
私が英語版を買ったのも「英語を学ぶには英語で学べ」という本に毒されていたからなんですが、説明文の意味が理解できなければ本末転倒ですからねえ。

内容は見開きの左に文法の説明、右に練習問題というシンプルな構成ですので、万人にオススメできるものと思います。
また、高校で買わせられる総合英語のように説明がくどくなく、イラストが豊富な点も高評価です。

2 大学受験のための英文熟考

大学受験はしませんが、読解のテキストはこちらを使いました。

英文の読み方なんて大学受験でも社会人でも一緒なので、社会人にも十分にお勧めできます。とはいえ、受験期にこの本に出会っていれば点数は確実に上がっていただろうなとは思います。

こちらの本の詳しい説明は以前の記事でしておりますので、興味のある方はご覧ください。

3 速読英熟語

こちらは多読用のテキストです。安心と信頼の速読英熟語。
これだけなので多読といえるか正直わかりませんが、多読の足掛かりにと思い使い込んでいます。

使う場合はCD(別売)が必須です。こちらについても過去の記事(さっきとは別記事)で触れていますので興味のある方はどうぞ。

このほかにもいくつか手を出したものはありますが、力がついたと確実に言えるのは上の3冊ですね。

TOEICに向けて

TOEICについては、受験したことはあるのものの全く対策もせず漫然と受けただけなので無知でした。ですが、今回は出題傾向には最低限慣れておきたいということで、こちらの本で対策しました。

TOEICの勉強≠英語の勉強 だろうということでさっさと終わらすべくこちらをチョイス。「直前の技術」という名前にふさわしく、2週間足らずでカリキュラムが終わるように設計されています。勉強量も1日1時間未満で足りるかと思います。

正直他のTOEIC本を読んだことがないので比較のしようがありませんが、TOEICに慣れるという意味ではこちらを買って良かったかなと思っています。

ちなみに、巻末にあるTOEIC模試を解いてみたところ、予想スコアは745点でした。
このスコアはどれぐらい信憑性があるのでしょうね。それも含めて本番が少し楽しみです。

追加 TOEICスコア

TOEICスコア出ました!

おかげさまで700点超えを達成することができました👍

前述の模試では745点だったのですが、少し下がってしまいましたね・・・。
リーディングで時間が足りなくなってしまい、最後の5問を全部(A)にマークしたり、その前の10問を飛ばし読みしてしまったのでその辺が影響したものと思われます。
リスニングでも、家ではイヤホンだったのが実際の試験ではスピーカーになるので、その辺りの影響もあるのかもしれません(結構イヤホンとスピーカーの聞こえ方って結構違いますよね)。

とはいえ、この記事で挙げたような基礎的な教材さえしっかりやれば、TOEICで700点は取れるということがわかってよかったです。

なお、「しっかりやる」っていうの何度も復習して知識を定着させれば、という意味です。一度だけやって終わり、というのではありません。
私自身、この記事で挙げた教材(TOEIC対策本以外)は何度も何度も復習しました。

もちろん、英語力の下地は人それぞれ違うので、一概にこの教材だけやればTOEICで700点取れる!ということではありません。
もっと基本的なボキャブラリーの勉強が必要だという人もいるでしょうし、文法は学生時代にマスターしたから今更不要!という人もいると思います。かかる期間もそれぞれでしょう。

ですが、TOEIC700点程度を目指すのであれば、上級者向けの教材は不要ということで追記させていただきました。

英語力の向上を目指すみなさんの参考になれば嬉しいです。

今回は以上です。