【モチベ維持】『やり抜く人の9つの習慣』レビュー

こんにちは!

今日は本を紹介したいと思います。

ぼくがプログラミングの勉強を始めてから5ヶ月くらいになるわけですが、モチベーションを保てています。
( ^ω^)

曲がりなりにも勉強が続けられているのは、この本のおかげでもあると思っています。

なお、ぼくは英語の勉強を兼ねて英語の原著を読みました。
意識高い系()

この本の特徴

1. 具体的な方法が載っている

この本に書いてある内容は以下のようなものです。
なお、アマゾンの商品ページからの抜粋です。

◎本書で紹介する「目標達成に最も寄与する習慣」

 ・目標に具体性を与える
 ・目標達成への行動計画をつくる
 ・目標までの距離を意識する
 ・現実的楽観主義者になる
 ・「成長すること」に集中する……etc.

◎本書で手に入る「目標達成ツール」

・目標達成の切り札「ifthenプランニング」
 ・目標までの距離に目を向ける「これから思考」
 ・ネガティブな側面にも目を向ける「現実的楽観主義」
 ・失敗を味方にする「成長ゴール」
 ・“やり抜く力”を支える「拡張的知能観」……etc.

アマゾン商品ページより

自己啓発系の本には、読んだ後に「んで何すればいいの?」と思うくらいに抽象的な内容のものがありますが、この本は違います。

「努力を続けるためには〇〇という方法がある。科学的にも証明されている。やり方はこうだ。」

という感じで、全く曖昧なところがありません。
どのようにすればいいのかしっかり書いてあるので、読んだ方は迷いなく実行に移す事ができます

また、根性論ではありません。

2.よくまとまっている

この本の構成はとてもシンプルです。

最初にイントロがあって、第1章〜第9章までで9つの習慣をひとつひとつ説明していきます。そして最後に結論があるのみ。

1つの章で説明する習慣は1つだけなので、読んでいてわかりやすいです。
説明があっちに行ったりこっちに行ったりしないので、スッと頭に入るんだと思います。

3.文章量が少ないから読みやすい!

93ページしかありません(英語版は112ページです)。
とても短いので、途中で飽きる確率は低いでしょう。

自己啓発本はどういうわけかバカ厚い本が多いです
。300ページ超え!というものも珍しくないのではないでしょうか。

ですが自己啓発本を読むこと自体は自己啓発にならないわけで、さっさと行動に移したいですよね。
読書を楽しみたいなら小説とかを読んだ方が楽しいですしね。

その点、この本は薄いので大丈夫です。
チャチャっと読んで、実践しちゃってください。

まとめ

やる気スイッチとかモチベーション爆上げとかこの手の本は結構多いわけですが、私が読んだモチベーション関係の本の中ではこの本が一番おすすめです。

しっかり実践に移せる内容なのがいいです。

自己啓発本を読んだものの、実行するのが難しすぎるものだったり内容が抽象的だったりで、読んで終わりになってしまうことってあると思います。

この本に載っている内容は理解しやすいですし、実行のハードルが低いものばかりなのでその心配はありません。

100ページ程度の本なので、気になった方は読んでみてくださいね。

英語好きの方向けに、原著も載せておきます。